電気・ガス・水道の開始と停止

電気・ガス・水道の開始と停止

引越しをする際の準備として、電気・ガス・水道などの手続きがあります。旧居を退去するときには無駄な料金が発生しないように、新居でのスタートにはスムーズに使えるように手続きを行っておく必要があります。

 

どれか1つか2つが欠けても生活はできるかもしれませんが、例えばガスが使えなければお風呂に入れない可能性があります。水道が使えないとトイレに入れず、電気がないと夜には真っ暗で荷解きすらできない心配が出てきます。こうしたことを考えると、できれば3つとも一度にタイミングよく開通しているのがベストです。

 

公共料金の開始には、最低でも2日かかるといわれます。ただ、実際には当日でも開始してもらえる場合も少なくありません。住まいのタイプや地域によって異なりますので、基本的には1〜2週間前までに手続きを済ませておくことをおすすめします。開始のために立会いが必要なものは、引越しシーズンに忙しくなることもあります。

 

希望の日時に開始してもらえない場合もありますので、できるだけ早く連絡をしておくのがよいでしょう。引越し日が確定したら、公共料金の手続きをしてしまってもいいでしょう。後で予定が変わったら変更することも可能ですので、とりあえず申し込みをしてしまっておいて損はありません。

 

最近では、ホームページから使用停止の手続きを行える地域がほとんどです。未清算分は、現地に徴収に来てもらったり、口座振替や新居に請求書を送ってもらって支払う方法があります。新居での開始は電話でも簡単に行えますし、使用開始の申込ハガキをポストに投函する方法もあります。

 

賃貸物件なら、新居に申込ハガキなど一式が置いてある場合がほとんどです。ガスの開栓には、ガス会社の立会いが必要です。事前に連絡をして立会いに来てもらって初めてガスが使えるようになりますから、早めに連絡をしておくのがよいでしょう。

 

早めに開栓予約をしておけば、希望日に立会いに来てもらいやすいです。引越し初日からガスが使えないということは少なくありませんので、気を付けてください。